弾性ソックス(ギロファ・ソックス)の使用感 | コネタノート

やっぱこれだね~/ギロファ スタンダードソックス

ギロファ ソックスパッケージブログ
パッケージ

ハイ、ただいま絶賛自宅警備中のユキノジです。

まぁ、自宅警備中とは言え、家事はしなきゃいけないわけで、結構料理の下ごしらえとか掃除で立ちっぱなし…みたいなことがあるわけです。

パートに出ていた頃の比じゃありませんけども、立ちっぱなしで作業してると、やっぱり足がむくむんですね。
あと、長距離ドライブの時(実家帰省時とか)も「脚のむくみ」フラグが立ちますね。

むくみ予防と脚のだるさを何とかしたくて色々と「着圧ソックス」を試してみましたが、足首に食い込んだり、ずり落ちたり、肌触りが良くなかったりで、どれも今一つでした。

たまたま定期購読していた「通販生活」に、この「ギロファ・ソックス」が紹介されていました。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で2足を購入しました。

個人的にはこのギロファがベストです。
フィット感と、脚の疲れ方が全く違うので、お値段は少々張るのですが、2007年から仕事の時やドライブ、はたまた飲み会の時も愛用しています。(飲み会って掘りごたつとか椅子に座りっぱなし&アルコールとおつまみのせいで結構足がむくむんです…)


ギロファの良いところ

◆足首に変な跡が付かない!

写真を見ていただくと分かるんですが、ユキノジが一般的な着圧ソックスを着用すると、太っているせいもあるのか、大体足首にこのような食い込んだようなシワが出るんですね。 (着用しているのは手持ちのつま先が無いトレンカタイプ)

太い脚でスミマセン。

これがずっと食い込んだままになるので、脱ぐとかなりな跡が付きます。
ボンレスハム状態です。(言い方…。)

ですが、ギロファだと、着用直後でもほとんど食い込みシワが出ません。

ギロファ着用時
少しの食い込みがありますが、目立ちません。

細かく編み分けをしているからこそのフィット感です。
脱いだ後もそれほど跡は付いていません。

◆綿混であること。

ドラッグストアなどで販売されている物は殆どがナイロン・ポリウレタン100%です。
化学繊維の肌触りが苦手なので、綿混のギロファの方に座布団1枚です。
他にも綿混の製品を試してみましたが、フィット感とずり落ちにくさではギロファが一番でした。


残念だったポイント

▲濃い色のタイプは色あせしやすい。

洗濯を繰り返しているうちに、色あせが目立ち、特にブラック、ネイビー、ブラウンは白っぽくなりました。
なので、2回目に購入した時から、裏返して洗うようにしています。これで色あせはだいぶ軽減できます。

▲やっぱりちょっとお高い。

医療機器というのもありますが、1足¥3780というのは、なかなかなお値段です。
ですが、お高い分、耐久性も優れていて、ユキノジの場合は1足4年程度はもっています。
プラマイゼロって事にはなりませんが、足のむくみ予防と静脈瘤予防を考えたら、まぁ、納得のお値段ではあるかな…と思います。

▲稀に履き口辺りがかゆくなる場合がある。

個人差があると思うのですが、ユキノジが初めてギロファを履き始めたとき、履き口辺りが赤くなってかゆみが出たことがあります。
しばらくすると落ち着いたのですが…。他のレビューにも「かゆみが出た」というのをたまに見掛けるので、合わない場合は着用を控えてください。

まとめ

元々が医療機器として開発されたものを、一般用として圧力を弱めているだけなので、性能としては医療用とさほど変わらないです。立ち仕事・デスクワークなどで、脚のだるさ・むくみに悩んでいる方にはおススメです。
購入は、「通販生活」経由だと、まとめ買い割引などもあるので、お得だと思います。他には、Amazonにも取り扱いがあります。

詳しくは…

「通販生活」→カタログハウス ホームページ

または、↓Amazon

ギロファスタンダードソックス

を、ご覧ください。