ベルマーク集計はデジタル化して欲しい。 | コネタノート

PTA 裏活動日記 2 

PTAのと書かれた机につく保護者ブログ

正確には、「裏活動」じゃないんですが…。

今日は、日頃家で集めている「ベルマーク収集箱」がいっぱいになってきたので、それを切り取る作業をしていました。

PTAの係というか、活動の中に、ベルマークの収集というものがあります。(ない学校もあります)
乱暴な言い方をすれば、学校単位の「ポイ活」=(ポイント活動)みたいな感じでしょうか?

お菓子や冷凍食品なんかのパッケージについているアレを集めるわけなんですが、

これが地味に面倒くさい。(*_*)

まずはパッケージからマークの部分を切り取るんですけども、マヨネーズとかパスタの袋にあるのは良いんですが、ガムとか、お菓子、文房具のパッケージに印刷されているものなんて、ため息ついただけで飛んでいくような小ささです。
しかも切り取る時はキッチリ切り取るんじゃなくて、ふちを残して大きめに切り取ってという…。(このパッケージのどこにそんな余白が?)

あと、困るのがスナック菓子や冷凍食品の袋に印刷されている物。裏側が油でギトギトだったりするんです。(もちろんティッシュなどでふき取ります。)
ペットボトルのラベルとか、シュリンク包装に印刷されてるやつは丸まってイライラ…。

でも、切り取ったらあとは集計するだけでしょ?

この「集計」も一筋縄ではいかないんです。

切り取ったベルマークは、一括して集計するのではなくて、まず「会社ごと」に仕分けするんですね。マークの隅に番号がありますが、この番号が「ベルマーク協賛企業」に割り当てられています。この番号を見て仕分けします。

最近は少ないようですが、PTA役員さんが学校に集まって仕分け・集計している風景なんて、もう、「内職」ですよ。豆腐だとかイチゴのパックなんかを使って、そこに番号ごとにマークを入れていきます。

ベルマーク集計グッズ
何か涙ぐましい…。

学校に集まって集計できないという場合は、各家庭で集計して持ち寄る方法も取られているようです。

これ、全て「手作業」ですからねぇ…。(T_T)このデジタル全盛の世の中で、ここだけ時間が昭和50年代な感じですけども。

ベルマーク財団のホームページを見ると「こうやって集計作業を効率化しました!」なんてあるんですけど
(ウォールポケットみたいな集計グッズ作ったり、エクセルで計算を楽にしたりとか) 、いやいや、そういうことをPTAでやる前に、集計しやすくなるように財団さん側で、もうちょっとなんとかしてもらえないのかなぁ、と思います。(´_`)

例えば、ネットで見かけたのですが、「登録制にしてQRコードかなんかで読み込ませたりする方がよっぽど効率がいい。」というもの。ホントにそう思います。

大体、この集計作業がネックになっているんです。このデジタル化が進んだ時代に手作業で切り取る、電卓をたたく、なんてどう考えても効率が悪い。

ふた昔前位は、保護者(主にママさんたち)の交流の場としての位置づけもあったようですが、現在ではそういうのを期待している人はほとんどいないと思います。そうでなくともPTAの様々な活動に人が集まらず、どこも苦労しています。

だから、人手が期待できないので集計が大変→活動自体無くなる→マークが付いていてもいなくても同じ→企業もメリットがないので協賛を辞める…。
「ポイ活」的には志が高い部類なのに(学校・子供のため)もったいないなぁと思います。