高齢ハムスターの食事 | コネタノート

もふ太郎通信 Vol.5

ハムスター画像ブログ

先月末に病院でもらった薬の効き目が芳しくないので、再び診察してもらいました。

飲み薬には、以前の処方に加えて、抗生物質を入れて様子を見ることに。
ダニなどの所見はないのに、フケがひどくなってきたので、薬用のローションも出してもらいました。

朝晩2回、薬を飲ませ、ローションを歯ブラシで塗っています。フケはほぼなくなり、皮膚の状態が少し良くなってきました。


ペレット団子の作り方(ユキノジ宅の場合)

最近は固いペレットだと、食べにくそうにしている事が多くなってきました。

そこで、ちょっと前までは、ペレットをお湯に浸していたのですが、なかなかふやけないので、粉末にして団子状にして与えることにしました。

少し多めに粉末状にして、残りは密閉容器に入れて保存します。

粉末になったペレットに少しずつ水を加えて、ペースト状態にします。結構水を吸ってカサが増えるので、最初は状態を見ながら加減してください。
ペレット団子は、水分が多いので、その都度作り、食べ残しは廃棄します。
個体差があるので、団子の量は適宜調節してください。


ハムスター用の流動食っぽいものを探してみたんですが、(あるにはあるんですが、おやつのカテゴリー)仕方がないので、ペレット団子を手作りしているんですけども。

でもそればっかりだと、歯が伸び過ぎる恐れもあるので、少し柔らかめの固形ペレットを時々与えています。

ネットなどを見ていると、2歳前後が山のようです。過ごせる時間はそんなに長くはないのかも知れませんが、少しでも元気でいてほしいと思います。