徳島の「手延べ半田めん」が美味だった件。 | コネタノート

「手延べ半田めん」が、美味だった。

料理するお母さんブログ

今月初め、父の三回忌があり、その時の返礼品の中に「そうめん」が入っていたのをすっかり忘れていました。

ここ数日暑かったこともあり、何か冷たい麺でも…と思っていたら、棚にしまい込んでいたことを思い出したのでした。

「早いこと消費せんとな~。」と包装を開けてみると、いつもの「ナントカの糸」ではなく、こちらが入っていました。

手延べ半田そうめん 外箱画像
1.17kg(90gx13束)入り

「半田そうめん…?あんまり聞いたことないブランドやけど…。徳島のメーカーみたいやな。」

そうめん?うどん?…パスタ??

今回、このそうめんが、いつもの返礼品そうめんと違っていて、ちょっと麺が「太い」んですよ。うどんよりは細くて、そうめんよりは太い…。そうですね、1.4mmスパゲティ―位な感じでしょうか。

茹でること約6分。「色白スパゲティー」の趣きです。

これを冷水で締め、千切りキュウリ・自家製玉ねぎと人参のかき揚げ・大根おろし・ハム・温泉卵・大葉…、(要は冷蔵庫にあったもの)と、市販の麺つゆ、ポン酢、カボス果汁などで頂きました。

しっかり具材にも負けない麺。

普通のそうめんだと、あんまり具材を載せて食べると麺が負けてしまうというのか、麺の存在感が薄れてしまうんですが、この「半田そうめん」は太いので具材の多さにも負けず、温泉卵もよく絡んで満足感のある食べ応えでした。

普通にそうめんとして、和風の素材を載せて食べても良いですが、 少し硬めに茹でで、冷やし中華風(汁なし担々麺)や冷製パスタ風(特にトマト)にアレンジしてもイケそうです。

◆同梱のリーフレットから。◆

同梱のリーフレット 作り方とレシピ

「かまたまめん」は、カルボナーラ、「あさりそうめん」は、ボンゴレ。「にゅうめん」は鶏ガラスープ(またはラーメンスープ)であっさり醤油ラーメン…にできそう。

1人分=1束で満足。

普通のそうめんだと、1人1束換算で茹でると若干足りなくて、「人数+1~2束」で茹でてたりするんですが、半田そうめんの場合、「1人=1束換算」で差し支えないようです。

ユキノジ宅は4人家族なので、これをいつものように普通のそうめんのノリで5束茹でたところ、1.5人分位多くなってしまい、次の日のお昼ご飯と相成りました。(#^^#)

食べ応えのあるそうめん、ちょっと変わった麺をお求めの方はぜひ。