息子もちょっとずつ成長している。 | コネタノート

スルー力にも限界が。

参観日イラストちょっと話そう

昨日、息子の学校で、学期末のPTAがあり、授業参観や懇談会なとに出席してきました。

授業参観では、他の保護者や施設のスタッフさんがいるせいで落ち着きがなく、わざと字を乱暴に書いたり、物を雑に扱ったりといった不適切な行動が目につきました。

そのたび、先生方も「○○さん、今それはすることではないです。」等々静かに注意をしてくれていますが、これが家だったら、多分「ちょっと、どうしてわざとそういう事をするの!?」と言葉を荒らげていると思います。
(先生方の辛抱強さに頭が下がります)

そうやって、「今それはすべきことですか?」と注意の意味で問い返すと、「…ダメです。」と答えます。悪いことをしている自覚があるのに、何か、心の安定を図るためなのか、反射的に不適切行動が出てしまうようです。

周りの空気を必要以上に感じる部分があるのか、ピリピリした(緊張した)空気があると余計に不適切行動が増えるような気もします。

普通の時は「ああ、ハイハイ。」と聞き流せますが、こちらに余裕がないと「うるさいから!ちょっと黙ってて!」がいつものパターン。

人間だもの。(;-_-)

なかなかペアレントトレーニング通りには行かないです。

働きたい。

参観の後は個人懇談となりました。支援学校なので、中学3年生でも偏差値がどうのといった話は無いんですが、息子は、先生と将来どうしたいかを話す中で「働きたい」と答えたようです。

「ええ?息子が?」(゜゜;)

将来を考えているイラスト
障害者も進路決定がある。

まぁ、息子の頭の中にある将来の選択肢が少ない、語彙力がない等々あるとは思いますが、「働きたい」と言ったというのは、正直、びっくりしました。

息子の学校は、小学校から高校まで同じ敷地内にあるので、高校生たちが作業学習(農業その他)をしているのを日常的に見ているせいもあるのかなという気もしますが…。

いつもはテキトーな息子がそういうことを言うようになったんだなぁ…。と、ちょっとだけホッとしたのでした。