ハワイ土産のコーヒーの扱いに悩む。 | コネタノート

ハワイのお土産

南国の夕暮れブログ

ここ数日急に涼しくなりました。いつもならアイスコーヒーを飲むんですが、今日はさすがにホットが飲みたくなりました。

「あ、実家から持って帰ったコーヒーがあったな…。」

実家の母が、知り合いからハワイ土産としてコーヒーをもらったのですが、

「コーヒーは私飲まないから、持って帰っていいよ。」と言われて貰ったものです。

中身はレギュラーコーヒー。

パッケージの大きさと、外装を触った感じから、1人分のドリップパックだろうな…と思って開けてみると。

思ってたんと違う。

想像の斜め上を行く物が出て来ました。

ちょ、これは…。

斬新過ぎる。

こんなクッションみたいなティーバッグ?は初めて見ました。

「いやいや、これこのまま緑茶みたいにポットに放り込んだら悪いよなぁ。(~_~;)内袋なのかなぁ?」
一応、下の方に”FILTER PACK”とはあるんですが…。

確かにフィルターらしきものには入っていますが。

パッケージの裏を見ても、「厳選した豆を丁寧に焙煎した、豊かなアロマをお楽しみください」みたいなことしか書いてなくて。(英語力は高校生の受験英語程度なので、ご了承ください)入れ方については全く触れられていません。

とにかく、作り方は書いてないです。

「量的にはマグカップ1杯~2杯程度の量だよなぁ…。」

思案すること約1分。(電気ポットのお湯が沸いた)

結局、ティーバッグみたいな内袋?を開封して、ふつうにペーパーフィルターを使ってドリップすることにしました。

待つこと数分。

まぁまぁ普通のコーヒーができあがりました。(^^)

味わいはというと。

焙煎は浅めな感じで、苦味が少なくあっさり・すっきりな味わいでしたが、若干酸味がきついように思いました。

で、もう1つ、違うやつも貰っていて、これは、先に開けた物より分厚いし、若干重い…。

やっぱりレギュラーコーヒー。

念のため開封してみると…。

「そう来たかぁ…。(゜゜;)」

業務用麦茶パックの風情。

今度はマグカップ3~4杯分のコーヒーが入っていましたとさ。

ジップロックで密封して次回まで保管することにしました…。orz