ツアーグッズでエコバッグを作ってみた。 | コネタノート

ツアーグッズでエコバッグを作ってみた。

ハンドメイド

今日からレジ袋が有料化となりましたね。

エコバッグも景品などでもらったりして、色々とあるんですが、若干使いにくかったりでお蔵入りしているものがあります。

その、「お蔵入り」しているものの1つが、B’zのツアーグッズ、”ショッピングバッグ”。ツアーロゴがプリントされた、不織布製のバッグなのですが、普段使いには若干大きい…。

というわけで、リメイクしてみることに。

たくさん入るのだけど…

エコバッグは、衛生の面から、こまめに洗濯してご使用ください。
●肉・魚などの生鮮食料品はビニール袋に包んでバッグに入れましょう。

作り方など。

◆用意するもの◆

  • ショッピングバッグ (ここ数年の定番、B4サイズのもの)
  • スナップボタン、面ファスナー(マジックテープ)

スナップボタンなどは、コンパクトにまとめる用に使いますが、なくても可。

  1. ショッピングバッグの縫い目をリッパーを使ってほどく。(布地を切らないよう注意)
  2. 持ち手の長さを変えたい・ぶら下がりタイプポケットをつける場合は、バッグの口折り返し部分もほどく。持ち手長さを変えない・ポケットなしの場合はそのままにする。
  3. マチ部分に使っていた、バイアステープのパーツをバック本体端に縫い付ける。(バイアステープをしなくてもほつれることはないので、めんどくさい方はこの工程はスキップしていただいて良いです。)
  4. マチ部分の布地を使って袋内側のぶら下がるタイプのポケットを作る。(なくても良いので、これもめんどくさい方はスキップしていただいて可。)
  5. マチ部分の布地を2枚横に並べて、縫い合わせる。

作ってから気づいたんですが…、ポケットの端にバイアステープ部分を使った方が良かったかも。汗

  1. 持ち手とバッグの口部分を縫う。ポケットを作った場合はこの時に一緒に縫い込む。
  2. 中表にしてバッグ本体脇を縫う。
  3. ロゴの位置を考えてマチの幅を決め、三角マチにして縫う。
  4. 完成。

★DINOSAURのショッピングバッグはロゴの関係で、マチはロゴが隠れないギリギリの所にしました。(マチ幅12cm)
EPIC NIGHTは、ロゴが上の方にあるので、マチを多めにとってみました。(マチ幅16cm)

このままでも良いですが、持ち運び用にコンパクトにしたい場合は、スナップボタン、面ファスナーなどを使うと良いと思います。


会員継続記念品でエコバッグを作ってみた。

B’z30周年を記念して、その年のファンクラブ会員継続記念品が、オリジナル風呂敷という時がありました。

タペストリーにしたり、ポーチやシュシュなどにリメイクしたりする方も。

悪くない…(ぺこぱ風に)

ですがこれも自分の方針として、グッズのリメイクにあたってはできるだけ布地を切らずにそのままを利用したい、というので塩漬けになっていました。(塩漬け多いな!)

グラニータイプのバッグなら切らずに済むかなぁ…と思っていたら。

最近、エコバック売り場で、「○○パット!」というものを見つけました。一目見て「これだ!!」と仕様をマネして、リメイクしてみました。

使用例

使ったもの、作り方をさらっと。

  1. 30周年記念風呂敷
  2. 風呂敷と同じ大きさの好みの布地、30センチ程度のはぎれ(裏地・持ち手部分に使います)
  3. 綾テープ(幅2cm)またはバッグ用持ち手テープなど60センチ×2本
  4. ヘアゴムまたはスナップボタン(コンパクトにまとめる用)
はぎれも別途用意しました。

丸めてもそれほど「コンパクト」な感じにはなりませんが…。

この○○パットタイプのエコバッグを作る際は、柔らかくて薄手の布地を使うと良いです。折りたたむので、厚みが出るのと、持ち手部分にギャザーを寄せたいためです。(ここにギャザーが寄ることで、袋状になる)


今日はすでに「普段の買い物用の大きさでは、コンビニに行ったときに持て余す」というような声が出ているので、次回は小さめエコバッグを作ってみようかと思います。

エコバッグ