ポップコーン用調味塩・炭酸水メーカー・ペット用ヒーターなどのレビュー | コネタノート

商品レビューあれこれ

このページは、旧「コネタノート」からの、使ってみて良かった商品のレビュー アーカイブページです。


ポップコーン用調味塩

2017/11/30初出

これは、先月息子の学校でバザーがあったので、出し物にポップコーンはどうだろうかとお試しで購入したものです。

ポップコーン用 調味塩 パッケージ画像
1kg入り、815円(税込)

1kg入りで815円(税込)でした。

しかし、お試しで購入したものの、これを使い切るほどポップコーン作らないし、他の使い道はないかなぁ~と悩んでおりました。

ユキノジ
ユキノジ

バター風味で塩味ってたら、…ムニエルとかイケそう?

と、試しに白身魚でムニエルを作ったところ、これが大正解で、いつもよりしっかり下味が付き、おいしく仕上がりました。

パッケージラベルにも書いてあるんですが、フライドポテトに使っても良いようです。一般の塩コショウよりも断然少ない量でしっかり味が付きます。

これに気を良くして、最近では肉料理の下味付けに利用しています。(特に鶏むね肉と相性が良いようです)

このポップコーン用調味塩を製造・販売しているのは、宮崎県にある「株式会社 ハニー」(kk-honey.co.jp)さん。他にもポップコーン周辺機器・綿菓子・氷みつ・催事用品などを取り扱っています。(ホームページより)


ツイスパソーダ レビュー

2018/8/9初出、2019/2/7写真・記事一部改変

毎日暑いですね~。いや、暑いじゃなくて、”熱い”です。半端ないです。
こういう日が続くと、ついついビールに手が伸びるんですが、健康面・金銭面からもちょっと控えたい…。
それならば同じ炭酸飲料という事で、今流行の【炭酸水】を購入するんですが、これもペットボトルのゴミが大変です。

ゴミが大変。

2~3年前位から、家庭でも炭酸水が作れる【炭酸水メーカー】が販売されていますが、 ユキノジ宅では、去年から「ツイスパ ソーダ」を愛用しています。

炭酸水メーカーパッケージ

良かった点

  1. 水道水で作れる。
  2. ゴミが少ない。
  3. カートリッジの交換・廃棄が簡単
  4. 置き場所に困らない

  • 1について
    • うちでは浄水器を通した水を使っています。冷やしたものを使えばそれなりに美味しいです。こだわる方は、ミネラルウォーターを使っても良いかと思います。
  • 2について
    • 炭酸ガスカートリッジのゴミが出ますが、ペットボトルに比べればはるかにカサが少ないです。
  • 3について
    • 使用済みガスカートリッジを業者に引き取ってもらう必要がある製品があります。
    • この製品のカートリッジは、ユキノジの地域では不燃物で出せます(お住いの地域のゴミ出しルールをよく確認してください)
  • 4について
    • メカ的な物はなく電源も必要ないので、後片付けも楽。

良くなかった点

  1. 炭酸がやや弱め
  2. シロップなどは付属していない。別売りもなし。
  • 1について
    • 感じとしては、コーラを開けて30分くらい蓋をしないで置いておいた位。強めの炭酸がお好みの方にはあまりお勧めしません。
  • 2について
    • ジュースやリキュールを使ったレシピ冊子が付属しています。

スターターキット 同梱物

  • ボトル 1個 
    • 容量950ml
  • ノズル 1本 
    • これに炭酸カートリッジを装填して使用。
  • キャップ 1個 
    • ボトルに取り付けて、炭酸水の保存に使用。
  • 炭酸カートリッジ 6本  
    • 写真は追加購入した10本入りのパッケージ
  • レシピブック 1冊  
    • ソフトドリンクやカクテルのレシピを掲載。 

作りたてはシュワッとするんですが、それでも感じとしてはコーラを開けて30分くらいフタをしないで放置していたような炭酸の強さです。
強めの炭酸がお好みの方には、この商品はあまりお勧めしません。
ボトルに専用のキャップをして保存できます。
一晩たつとかなり抜けてしまうので、早めに飲み切るのが良いでしょう。

なお、ボトルには圧がかかるので、劣化していきます。2年目安での買い替えをメーカーでは推奨しています。

追加のカートリッジはネット販売しています。ヘビーユーザー向けに、50本、100本入りのセットもあります。 1箱10本入り×箱数

まとめ

◆手軽に炭酸水を作りたい。炭酸は特に強めでなくても良い。
◆カートリッジの処分が簡単なものがいい。
…という方におススメします。


ペットヒーターを設置したよ

2018/11/12初出

11月に入り、朝晩が少し冷え込むようになりました。ユキノジ宅もホットカーペットを導入したのに合わせて、もふ太郎のケージにもペットヒーターを設置しました。

高温面(約40℃前後)・低温面(30℃前後)があり、どちらかの面を上にすることで温度を調整します。サーモスタットで、温度が設定より上がりすぎることはありません。

大きさはこの位。A4サイズのクリアファイルと比較しました。

コードの長さは1mあります。かじられても大丈夫なように、金属製のカバーで覆われています。
コーティングがビニールなので、異食が心配な方は、ケージの中に直接設置せず、ケージの下に
敷くようにした方が良いかもです。

その場合は、ケージがガタつかないように、段ボールや新聞紙を畳んだものなどで高さの調整をしましょう。

うちはこんな感じ。元々がモルモット用のケージなので、下に敷く方が設置しやすかったです。その場合は高温面を上にして設置すると良いと思います。

年明けには2才を迎えます。ペットヒーターで元気に冬を乗り切ってほしいものです。